「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」感想

映画レビュー

本作品はガーディアン・オブ・ギャラクシーシリーズの2作目。
マーベル・コミックとは共通の世界観を持つ作品だ。

冒頭から魅せてくれる。
正直に言ってしまえば私は一作目の方はあまり刺さらなかった。
もちろん面白くはあった、だが物語のテンポや内容など
面白かったのだが、もう1度みたいという感じや他人にすすめるほど
「面白いよ!」と叫ぶほどの作品ではなかった。

ただ、今作は冒頭から「あ、面白い」と素直に感じさせてくれる。
前作の一件で小さくなってしまったグルート、
可愛い姿で音楽に合わせてノリノリに踊りながら、
そのバックでは巨大宇宙生物と仲間たちが戦っている。

カメラのピントはグルートだ(笑)
裏では壮大な戦いが描かれているのに、そんなことを無視して
可愛く踊るグルートの姿と背景のギャップが笑いになっており、
彼が踊り、ドタバタを駆け回る姿は本当にかわいい。

作中でも彼の活躍は何度も笑わされる。
いじめられた相手への復讐だったり、知能が低いゆえの間違いだったり、
爆弾のスイッチを押し間違えそうになったりと、
前作にはなかったキャラクターのマスコット的可愛さがあり、
ラストで少し成長してしまったことが残念でならない。

ストーリー的にもシンプルだ。
前作は「インフィニティ・ストーン」というマーベルコミックの世界観での
キーアイテムが物語の主軸になっているせいもあり、
やや複雑な部分もあり、シンプルに分かりやすく楽しめるストーリーとは
言い難い部分があった。

しかし、この2作目はシンプルだ。
主人公が知らなかった自分の秘密、自分の父親の真実が話の中心となり、
自分を育ててくれた「ヨンドゥ」との関係性や、仲間たちとの絆など
複雑な要素のないシンプルなストーリー展開だ。

そのシンプルなストーリーの中で光るのは音楽とアクションシーンだろう。
前作からもお馴染みの「70年台~80年台の洋楽」にあわせて描かれる
クールでハチャメチャなアクションシーンは見ていて痛快であり、
冒頭のグルートのダンス、ロケットの武器の使い方、ヨンドゥの矢捌きと
音楽に合わせて描かれるアクションシーンはインパクトが強く面白い。

分かりやすいストーリーの中で素晴らしいアクションシーンと音楽、
そして感情移入しやすいキャラクターたちの物語は、
シンプルでありながら、ストレートな面白さを感じさせてくれた。

ややアメリカンなジョークや下ネタなどもあるため、
子供に見せる映画としてはやや刺激的かもしれないが、
頭を空っぽにして楽しめるいい映画だった。

私が一作目も見てしまってるため、断言はできないのだが、
おそらくは一作目を見ていなくても楽しめると思う。
それくらい1つの作品として完成されている作品だった。

コメント