【仮想通貨】HTMLコインとは何者なのか?

2018年1月16日

HTMLコイン
ビットコインが190万円台まで回復する中で最近、
SNS上で話題なのが草コインと呼ばれるもの。
基本的に1コイン当たり1円以下、理想で言えば0.0001円など
本当に「草」レベルの価値しか無いコインが人気です。

草コインは当たればでかい。
0.0001円のときに1000円分だけ買って、そのコインが1円になれば100万です。
何を言いってるか分からないと思いますが、
1000倍に暴騰する可能性すらあるのが草コインです。

スポンサーリンク

HTMLコインとは何なのか?

色々な草コインを調べる中で目についたのがHTMLコイン。
公式サイトは以下になります。


日本での知名度はかなり低く、ここ一週間くらいでようやく注目され始めた感じでしょうか?
以前はHTML5という名前でしたがハードフォークで変わりました。

とりあえず公式サイトに書いてることを簡単に箇条書すると・・・

・世界中のすべてのコミュニティが経済革命のブロックチェーンに
加わることを奨励し、支援する意図で作成されました
Bitcoin Core、Proof-of-Stake(PoS)およびEthereum Virtual Machine(EVM)の技術が合体
・発行数 900億枚

と言った感じです、なるほどよくわからん(笑)

注目すべきはいい所どりの技術

ビットコインの暗号化技術であるダブルSHA256と
イーサリアムの利点でもあるスマートコントラクトが合体してます。
有名所のコインの利点をガンガンに取り入れてるコインという
認識で間違いないでしょう。
草コイン系はこういった技術の取り込みと進化が早い特徴もあります。

POMA

HTMLCOINの主な使用目的はこのPOMAに集中されるようです。
色々と長い解説は転がってましたが、
要はフリーランスの人と企業の人と結ぶための場所を作り、
その代価や報酬としてHTMLコインを使いたいようです。
このあたりは今後の展開次第と言うところでしょうか。

将来性はあるのか?

多くの人が気になる点として将来性です。
何の将来性もないコインに誰も投資はしません。

HTMLコインのコミュニティ内ではまず価格が
「0.1$」になることを目指しています。
現在の価格はこの記事の執筆時点で「0.004$」

つまり200倍以上の価格になるために努力しているということ。
200倍ですよ奥さん(笑)

実際最近の行動は活発的であり、
取引所であるcryptobridgeでの取引も始まり、ツイッター上でもじわぁーっと
HTMLコインについての話題も出てくるようになりました。

とりあえず1万円分仕込んだ

草コインに何十万、何百万円も投資するのも博打的で面白くはあるのですが、
私は気になるコインが合ったら五千円か一万円を突っ込んでいます。
損をしてもその値段なので気にならず、10倍,100倍,1000倍になれば十分な金額を得られます。
0.2円で仕込んでいるので現在の時点で三倍です。
わーい(笑)

購入するなら・・


他にも取引所はありますが有名所はこの二箇所でしょう。
個人的にはCryptoBridgeがおすすめです。
(Yobitで購入できるのはHTMl5コインのようです、公式サイトで交換することもできますが
面倒なのでCryptoBridgのほうがおすすめ)

*投資する際は自己責任でお願い致します。

Posted by muzika