ようやく見つけた最高のキーボード 「FILCO Majestouch 2 TKL S CHERRY MXピンク」レビュー

商品レビュー

前回大失敗したのに懲りずにまた購入してしまったキーボード。
今回はMajestouch 2です。
メカニカルキーボードとしては有名なFILCOの商品。

静音キーボード


より

私が優先するのはメカニカルかつ静音なキーボード。
前回のロジクールのキーボードは静音と言っておきながらうるさかったので、
今回は正統派のCHERRY MXスイッチを搭載したキーボードを探しました。

CHERRY MXスイッチは現在、多種多様なスイッチが出ており、
色で軸が別れており、特徴ももちろん違う。
詳しくは上の画像やサイトを見てもらえばわかりますが、
今回購入したのは1番右のMX SILENT、ピンク軸と呼ばれるものになります。

私は今まで赤軸、黒軸、茶軸を試したことがありましたが、
どれもピンときませんでした。

到着


箱の高級感はロジクールと比べると劣ります。
1万円のキーボードにしては普通ですね。

ピンク軸の打ち心地


いざタイピング
「カチャスコカチャスコ、ッゥーン」

ロジクールのゲーミングキーボードにあった金属音ですが、
このキーボードも少しなります。
ただロジクールのゲーミングキーボードに比べると音は小さく、
強く叩きすぎなければ鳴ることはありません。
いわゆる撫でうちならほとんど気にならないレベルです。

さらに言えば静電容量式のリアルフォースに結構近い。
音はもちろん、静電容量式のほうが小さいものの、
ピンク軸もSilentの名がついてるだけあってかなり静かです。

代償としてメカニカルキーボードのメカニカル感は薄いものの、
静音性と打ち心地はメカニカルキーボードの中でも最高です。

1万円でこれなら買い


ちなみにキーボードのサイズ感はリアルフォースのテンキーレスよりもやや大きいです。

静電容量式のリアルフォースは2万します。
しかし、この商品は1万円。
リアルフォースとの価格差の1万円を埋めるほど、
リアルフォースの魅力を今のところ感じてません。
もちろん、最高のキーボードなのですが、高い…

このキーボードの耐久性はまだ分かりませんが、
現在、二ヶ月ほど1日10時間以上使ってますが、
今のところ何も不具合はありません。
耐久性が少し気になるところですね。

メカニカルかつ静音を求めるなら、このキーボードがおすすめです。

コメント